長岡歯車製作所

株式会社長岡歯車製作所は各種超高精度歯車の設計、製作を専門とする会社です。

TEL.0258-23-3333

mail : info@nagaha.co.jp

.jp
販売物

弊社相談役 内山 弘 が「屋井先蔵ノート」を刊行しました。


前書きより・・・
乾電池王・屋井先蔵は生地長岡ではあまり知られていない。活躍の場が東京であったからと思われる。
上山明博氏の先蔵の伝記「白いツツジ「乾電池王」屋井先蔵の生涯」により、かなり知られるようになったと伝えようが、まだまだの感がする。・・・
購入方法のご案内

・ご希望の方は、600円(税・送料込)にて販売いたしております。
代金は振込にてお願い申し上げます(振込手数料はご負担ください)

(株)長岡歯車製作所 総務部宛にメール soumu@nagaha.co.jp
   にて申込みください。


「長岡鉄工業の歩み」を刊行。


緒言より・・
「本書は江戸期から昭和期までを時代順に、多くの文献を参考にし、また著者が折に触れて記した記事などを挿入し纏めたもので ~中略~ 全体を眺めて頂くと、昭和期までの長岡鉄工業界の実体が浮かび上がるのではないかと思っている。」
あとがきより・・
「パッチワークのような編集で、大変読みにくい書物になり恐縮しております。 ~中略~
顧みると、今から三十二年前に塚田正之助、星野庄吾両先輩と共に『長岡の鉄工業』-機械産地への道程-をまとめてから、長岡鉄工業の歴史を少し幅広くまとめたいものと考えていました。平成二十六年(2014)十一月八日、思いがけず外山脩造賞を頂くことになり、そのときこれを機会に長岡鉄工業史をまとめようと決心しました。それから一年、自身の古い原稿や工業史に係わる諸資料を探し出して、ようやくまとめたものが本書であります」
購入方法のご案内

・ご希望の方は、3,000円(税・送料込)にて販売いたしております。
代金は振込にてお願い申し上げます(振込手数料はご負担ください)

(株)長岡歯車製作所 総務部宛にメール soumu@nagaha.co.jp
   にて申込みください。

歯車に関連したグッズや書籍もあります

  

十分杯製品

下記鐡・十分杯を販売しています。

販売価格:12,000円
(直径86mm 高さ45mm)
別途送料がかかります。
詳しくは下記のお問い合わせ先にお願いします。
鐡・十分杯
 当社では地元長岡市の長岡藩に伝わる「十分杯」を製作しております。伝わるのは陶器のものですが機械製造のまち長岡らしく金属で作成いたしました。長岡市のお土産にお買い求めいただき、その精神に触れていただければ幸いです。
 十分杯(じゅうぶんはい、じゅうぶんぱい)には2種類があり、一つは孔子が座右に置き弟子たちに『足るを知れ』と戒めに見せたと伝えられる欹器(いき)十分杯で、もう一つは長岡藩三代藩主 牧野忠辰(ただとき)公が『物事は八分目位の余裕をもって行動すれば万事うまくゆく』と説いて自らを戒め、家来をも戒めたと伝えられるサイホン式十分杯であります。

新刊図書

戊辰戦争とガトリング砲  館長 [内山 弘] 著

長岡の戊辰戦争を語るとき、河井継之助と共に必ず登場するのがガトリング砲である。

長岡が近代的軍備を有し、武装中立を唱えたとされる一番の理由が、他藩にないガトリング砲を二門も所有していたという事実であろう。

しかしながら、この長岡で所有のガトリング砲についての検討、すなわちその性能や長岡城攻防戦での活躍の様子は、あまり知られていないのではなかろうか。・・・・・・・・

山田又七小伝 館長 「内山 弘」 著

「空論を避けて実行に努めよ」をモットーに宝田石油を創業し、戊辰戦争で疲弊した長岡をよみがえらせた実業家の生涯。

主な内容
水車紡績業/東山油田/宝田石油会社の設立/長岡鉄管会社/東山油田の活況/長岡製油所/宝田石油の大合併/女株券師/長岡鉄工所/宝田石油を去る/令終会


お問い合わせ

株式会社 長岡歯車製作所本社営業部
TEL 0258―23―3333 FAX 0258-23-3335
mail:gear@nagaha.co.jpへ(スパム対策のため2バイト文字)